スポンサードリンク

人見知りは対人恐怖症なの!?

初対面の人や普段あまり接する機会のない人と接するのが苦手な人見知り。

 

「人見知りの人は対人恐怖症である」と思われている方も少なくありませんが、実際には人見知りと対人恐怖症は違うものだと考えて良いでしょう

人見知りは対人恐怖症!?

 

ただ、ご自身の中で自分は人見知りなのか?対人恐怖症なのか?よく分からないという方も多いですね。

 

人見知りと対人恐怖症とは、どのように違うのか?
早速、見ていきましょう。

人見知りと対人恐怖症の違い

人見知りと対人恐怖症。

 

まずは、それぞれの症状を見ていきましょう。

人見知りと対人恐怖症の違い

  • 人見知り

・初対面の人と上手く話すことができない
・普段あまり接する機会のない人とうまく話せない
・人前では無口になってしまう
・気心の知れた人となら普通に話せる

 

  • 対人恐怖症

・初対面の人と上手く話すことができず緊張や不安、恐怖を感じる
・人前で話すことに不安や恐怖を感じる
・人前で話そうとすると、様々な身体的症状が出てしまう

 

上記に挙げた症状は極一部であり、症状の出方には個人差がある為、必ずこういう症状があると言い切ることはできません。

 

しかし、人見知りと対人恐怖症を比較すると、人見知りの場合は「人に慣れさえすれば症状は改善される」のに対し、対人恐怖症の場合は「人に慣れる云々よりも前の段階で緊張や不安、恐怖などを感じてしまい症状が自然と改善されることは少ない」というのが特徴です。

 

また、赤面や発汗、腹痛や頭痛、めまいなど身体的な症状が出てしまうのも対人恐怖症の特徴だと考えて良いでしょう。

人見知りから対人恐怖症になってしまうことはある!?

はじめに、人見知りと対人恐怖症は違うものだといいましたが、人によっては人見知りから対人恐怖症へと移行してしまうケースもありますので注意が必要です。

 

例えば、「人見知りが原因で他人に指摘されたことがきっかけでトラウマとなり対人恐怖症の症状が出てしまうケース」や「以前は、症状は出なかったのに最近は徐々に身体的な症状が出てくるようになったケース」なども存在します。

 

また、自身では人見知りだと思っていたが実は対人恐怖症だったというケースもあります。

 

人見知り=対人恐怖症ではありませんが、何かの出来事がきっかけで対人恐怖症になってしまうケースもありますので、身体的な症状が出てきた場合や人見知りが悪化したなと自覚したら一度、対人恐怖症を疑ってみましょう。

 

ご自身が人見知りなのか?対人恐怖症なのか?良く分からないという方は
「対人恐怖症チェック」にて一度チェックされると良いでしょう。

スポンサードリンク