スポンサードリンク

対人恐怖症の種類

一口に対人恐怖症といってもその種類は数多く存在します。

 

赤面症や異性恐怖症、視線恐怖症や発汗恐怖症、どもり恐怖症など、人によって発症する種類は様々ですし、一つだけでなく幾つかの種類が組み合わさって発症するケースも少なくありません。

 

ここでは、対人恐怖症の中でも特に多い種類についていくつか紹介していきましょう。

赤面症(赤面恐怖症)

人前に立つと緊張から顔が紅潮してしまうという方は珍しくありませんね。

 

対人恐怖症の種類 赤面症

赤面症の場合、この症状を自覚しており

 

顔が赤くなってしまったらどうしよう

 

という恐怖心が芽生えることで、大きなプレッシャーを感じ更に症状が悪化してしまいます。

 

顏の紅潮は、緊張やストレス、恥ずかしさなどが原因で起こる為、プレッシャーが掛かることで更に紅潮しやすく悪循環に陥ってしまいます

視線恐怖症

人前に立つ時はもちろん、周囲の人の視線が気になり不安や緊張、恐怖心などが起こる症状を視線恐怖症といいます。

 

対人恐怖症の種類 視線恐怖症

 

他人から見られているのではないか?
自分は他人から悪く思われているのではないか?

 

と不安になってしまう為、症状が悪化すると人が多い場所へ行くことができなくなってしまったり、酷くなると外出することさえ恐怖に感じ、引きこもってしまうケースもめずらしくありません

異性恐怖症

異性恐怖症とは、その名の通り異性に対し恐怖心を持ってしまう病気をいいます。

 

対人恐怖症の種類 異性恐怖症 

例えば男性の場合、女性から嫌われているのではないか?と思い込み、女性と接することに対して不安や緊張、恐怖を感じ接することができなくなってしまいます

 

逆に女性の場合も同じで、男性から嫌われているのではないか?と思い込んでしまい、男性と接することに恐怖を感じ様々な症状が出てしまうのです

 

また、女性に多い原因として家族に男性がいないケースや女子高など男性とあまり接することなく育った環境の方や父親からの暴力、男性からのいじめや性的トラウマなどが原因で男性恐怖症になってしまう方もいます

同性恐怖症

同性恐怖症とは、同性に対して恐怖心を持ってしまう病気です。

 

その原因の多くは、同性からのいじめや嫌がらせ、友人関係での裏切りなどといったトラウマがきっかけだといわれています

 

また、男性の場合は父親から、女性の場合は母親からの虐待によって同性恐怖症になってしまうケースもあるのです。

発汗恐怖症

発汗恐怖症とは、人前で緊張した時など大量に汗をかいてしまうことに恐怖心を持ってしまう病気です。

 

対人恐怖症の種類 発汗恐怖症 

顏や手の平、ワキや背中、足、頭など人によって発汗する部位は異なります。

 

また、自分だけが汗をかいているのだと感じ、服に出来た汗じみが気になってしまったり、汗をかいている自分を他人は不快に感じているのではないか?と気になってしまうことで、更に緊張が増し大量に発汗してしまいます

 

どもり恐怖症

どもり恐怖症とは、吃音症(きつおんしょう)との呼ばれており、会話の途中で言葉がどもってしまったり、最初の言葉が出にくい症状をいいます。

 

吃音症の原因には、遺伝やストレス、脳内調節系の異常などがありますが、神経症や予期不安によって起るケースも珍しくありません。

 

また、人前でどもってしまうことで周りからどう思われているのか気になってしまい、症状が悪化してしまうという方も少なくないのです

スポンサードリンク