スポンサードリンク

対人恐怖症になってしまう原因

心身共に様々な症状が現れる対人恐怖症。

 

人によって症状の差はあるものの、社会生活に大きなストレスを感じたり、社会生活を送ることが困難になってしまうなどとても辛い症状に悩まされているのは事実ですね。

 

そもそも何故、対人恐怖症になってしまうのでしょう?

 

対人恐怖症になってしまう原因とそれぞれの具体的な理由について見ていきましょう。

人見知りが原因となる対人恐怖症

人見知りの性格だという方は少なくありませんね。

 

初対面の人と話すのが苦手であったり、人とのコミュニケーションを取ることが苦手であったりとこうした方は珍しくありません。

 

人見知りが原因の対人恐怖症

また、幼少期は接する人の数が少ない傾向にある為、人見知りしてしまう子は多く、小学校、中学校、高校と集団生活の中で成長していくうちに自然と改善されたという方が多いですね。

 

しかし、中には成人してもやはり人見知りをしてしまうという方も少なくありません。

 

人見知りの方、全てが対人恐怖症という訳ではありませんが人見知りが悪化することで対人恐怖症になってしまうというケースもありますので、人見知りだと自覚されている方は注意が必要です。

コンプレックスが原因となる対人恐怖症

コンプレックスというのは多かれ少なかれ誰でも一つ、二つは持っているものですが、過度のコンプレックスによって対人恐怖症になってしまうケースがあります。

 

例えば・・・

 

自分の持つコンプレックスに対し周囲の人間はどう思っているのか不安

外見的なコンプレックスによって人の目が気になり外出するのが辛い

 

などですね。

コンプレックスが原因の対人恐怖症

 

また、他人にコンプレックスを指摘されたことがきっかけで対人恐怖症に陥ってしまうケースも少なくありません。

 

コンプレックスというのは、多くの人が持っているものですので「気にしない」というのが一番ですが、なかなかそうはいかないという方が多いでしょう。

 

コンプレックスが原因の対人恐怖症の場合、まずは自分自身の持つコンプレックスを受け入れる、そして、改善できそうな部分は改善するよう努めることで対人恐怖症の予防や改善に繋がります

生活環境が原因となる対人恐怖症

生活環境によって対人恐怖症になってしまうケースもあります。

 

子供の頃、転校を繰り返していた

なかなか自分に合う職場が見つからずに転職を繰り返している

結婚や出産によって生活環境がガラリと変わった

 

など、生活環境が変わることで既に出来上がっているグループに馴染まなくてはいけない状況であったり、新しい人間関係にうまく溶け込むことができずこうした経験がトラウマになり発症してしまうケースがあるのです。

 

ただ、生活環境を変えることで対人恐怖症を克服できたという方も少なくないので、生活環境の変化は対人恐怖症の原因である反面、克服方法でもあります

遺伝が原因となる対人恐怖症

対人恐怖症が遺伝するというケースはとても低く全体の5%にも満たないと言われています。

 

しかし、親が対人恐怖症の場合、子供も対人恐怖症になってしまう可能性があるのは事実です。

 

これは遺伝子の問題というより、育った生活環境が原因となることが大きいでしょう。

遺伝が原因の対人恐怖症

 

親が対人恐怖症の場合、親と一緒に生活を共にする子供も同じ生活環境で育っていくことになります。

 

その為、他人と接する機会が少なく他人とどう接して良いのか分からなくなってしまう訳です。

 

但し、幼少期は人見知りをしてしまっても幼稚園や小学校に通うにつれ徐々に慣れていくお子さんも少なくないので、親である自分が対人恐怖症だから子供も必ず影響を受けるという考えを持つ必要はありません

育った環境や親のしつけが原因となる対人恐怖症

自分ではどうすることも出来ない原因の一つとして挙げられるのが、育った環境や親のしつけが原因となるケースです。

育った環境が原因の対人恐怖症

 

幼少期から「こうあるべき」「こうでなくてはいけない」と圧力をかけられながら育った子供は、自己主張がなかなかできなくなってしまいます。

 

また「周りは○○なのにあなたは・・・」「○○ができないと恥ずかしい」と常に人と比較されることで周りの目が気になり対人恐怖症を発症してしまうケースもあるのです。

 

幼少期から圧力を受けて育つ為、克服までには時間が掛かってしまう場合も珍しくありませんが、親のエゴから解放されることで克服の道を開く方も多いようです

スポンサードリンク